Googleアドセンスの審査に合格できない・・・2サイトで1発合格したコツを教えます!

 

ブログを使った副業を行う場合、もっとも手軽なのはGoogleアドセンスから収益を得ること。

しかしGoogleアドセンスを利用するには審査に通過する必要があります・・・

審査はとても厳しく、「何度やっても通過しない!」という方もいます。

今回はそんなあなたのために、2サイトで1発合格した僕がサイト作成時に注意したことをやコツについてお伝えします。

Googleアドセンスとは

Googleアドセンス(Google AdSense)とは、検索で有名なGoogle社が提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスのことです。

ウェブサイトやブログを運営している方がサイト内に広告を設置、そのサイトやブログを見にきてくれた人がその広告をクリックすることにより報酬を得ることが可能。

たとえば下記のような広告です。

Googleアドセンスの広告

 

表示される広告はサイトやブログを見に来てくれる人によって異なります。

たとえば普段ファッションに関するページを見ている場合はファッションに関する広告、旅行が好きなら旅行に関する広告(航空券やホテルなど)が表示されます。

 

僕は2サイトで一発合格しました

僕が運営している2サイトでもGoogleアドセンスを設置しており、ともに一発合格でした。

はじめに申請したのは海外個人旅行サイト「こじんたび」です。

こじんたび
海外個人旅行したいための情報満載!旅の初心者から達人まで役立つ情報を提供します

申請したのは2017年11月。

作成したコンテンツは約20ページで申請、1週間ほどで合格メールが届きました。

2度目は本サイトで2021年3月に申請。

コンテンツを5ページ作成した時点で申請、5日ほどで合格メールが届きました。

Googleアドセンス合格メール

 

Googleアドセンス登録審査でのポイント

Googleアドセンスを利用するには審査に合格する必要がありますが、人によっては「何十回申請しても全てダメだった!!」という場合も多いです。

かならず守るべきポイントは次の3つ。

① Googleが定めるポリシーに準拠している

審査に合格するための最大のポイントはGoogleが定めるポリシーに準拠していること。

Google Publisher Policies - Google AdSense Help

ざっくりとまとめると、下記の点に注意する必要があります。

・著作権を侵害していない(画像を勝手に使わない)
・動物への虐待を行っていない、助長しない
・人種や性別、宗教、志向などもとに差別をしない
・自分を傷つける行為を推奨しない
・企業のロゴを不正に使ったり、有名なサービスと提携しているとウソをついてはいけない
・性的なテキストや画像を使用している
・国際結婚のあっせん

もっとざっくりと説明すると法律に反したり、サイトを見た人を不快にさせる内容が含まれているとNGと考えてください。

② ユーザーにとって使いやすい構成である

その他の注意点としてはコンテンツ以外にも次のページ・機能が重要です。

・パンくずリスト
・メニューバー(ナビゲーションバー)
・問い合わせページ
・プライバシーポリシーのページ

パンくずリストとは、ページがどこにあるか分かりやすくするための機能で、トップページからの階層(どのように移動すればたどり着けるか)を示しています。

本サイトでのパンくずリストはこちらです。

サイト上部のパンくずリスト

メニューバーはページの上部にあり、ここを選択することによりカテゴリーごとのページに移動するようにしておけば、サイトを訪れた人が見たいページにたどりやすくなります。

際と上部のメニューバー

問い合わせページ、およびプライバシーポリシーのページはこちらです。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について 当サイトは第三者配信の広告プログラム、およびアフィリエイトプログラムに参加しています。 ■第三者配信の広告プログラムについて Google社の広告配信サービスであるGoogle AdSenseに参...
お問い合わせ

WordPressの場合、パンくずリストの設置、および問い合わせ機能はプラグインでカンタンに設置可能です。

寅次郎
寅次郎

サイトを訪れた人に役立つ機能は高評価!

③ 役立つ内容である

また、内容も重要です。

内容のない愚痴だったり、ただの日記の場合はどれだけの文字数・記事数があってもNG。

記事を読んでくれた人にとって「役に立った!」と思ってもらえるような内容が必要です。

 

なお、記事内に「画像やアフィリエイト広告があると審査に通過しない」と書いてあるサイトもありますが、両方とも関係ありませんでした(僕のサイトも両方ありましたが大丈夫でした)。

 

少ないページ数での審査がオススメ

Googleアドセンスの審査はどのタイミングでも大丈夫です。

「登録されるには最低30記事以上必要」と書かれているサイトもありますが、そこまでの記事数は必要ありません。

僕は5記事(1記事あたり1,500~2,000文字)の時点で申請、そのあと毎日記事を書き続け、10記事になったぐらいで合格連絡が来ました。

なので、多くても10記事あれば十分です。

10記事の他にトップページ、プライバシーポリシーのページ、問い合わせページは必要です

 

記事数が少なければ、もし不合格となった場合であっても見直しやすいメリットがあります。

これが100記事の段階で不合格となってしまうと「いったいどこが悪いのか・・・」と、途方に暮れてしまいますよね・・・

 

その他の注意点

Googleアドセンスを申請するには、サイトのURLが独自ドメインである必要があります。

独自ドメインとはサイトの住所みたいなもので、本サイトのURLでは下記の赤い部分です。

 https://comatta.net

しかし、はてなブログなどの無料ブログサービスを利用していると

 https://honeshabri.hatenablog.com/entry/xxxxx

のように「.」や「/」が何個か続く長いURLとなってしまいます。

これだとGoogleアドセンスには申請できないので、レンタルサーバーと契約&独自ドメインを取得する必要があります。

独自ドメイン取得:ムームードメイン
レンタルサーバー:ロリポップ!

 

まとめ

Googleアドセンスへの登録審査は年々厳しくなっていると言われています。

現在は審査で不合格となっても理由は教えてもらえませんが、何度でも再審査を受けることができます。

少しずつ改善していけば必ず合格できるので、あきらめずに頑張りましょう!